オーガニック栽培

高麗人参はオーガニック栽培(有機栽培)で作られています。

化学肥料や農薬は使われていません。

高麗人参は最長で6年間栽培されます。
一度植え付けてしまったら、その後6年にわたって、肥料や耕作での土壌の改善はできません。
そのため、6年間土地がやせないような豊かな土壌を作ることが必要になります。

良質の高麗人参をつくるためには、良い土壌が不可欠です。
養分豊富で、通気性が良い、水分が豊富、且つ水はけも良いことが条件です。

そこで粗大有機物と呼ばれる、ある程度の大きさのある有機物を、土の中に混ぜ込む方法が取られています。
例として稲わら、堆肥、きゅう肥などがあり、粗大有機物は土壌構造の改善に役立ちます。

化学肥料や農薬は濃度障害の危険があるため、使うことができません。

食の安全や、味などの問題以前に、オーガニック栽培でなければ、高麗人参は栽培が難しいのです。