成分抽出方法による違い

高麗人参の成分抽出方法は、水抽出とアルコール抽出の2つがあります。
栽培年数や加工方法以外に、この抽出方法によっても値段や成分に違いが生まれるので注意が必要です。

1.水抽出
高麗人参を水に浸して成分を抽出する方法です。
成分が水に溶け出すまで時間がかかるので、あまり効率的ではありません。
ですが、高麗人参は糖質を多く含んでいて、糖は水に溶けやすい性質を持っています。
時間はかかりますが、有効成分サポニンの他にも、高麗人参に含まれるほぼ全ての栄養素を抽出することができます。
手間をかけて丁寧に抽出しているので、アルコール抽出のものより値段は少し高くなります。

2.アルコール抽出
主にエタノールを使って高麗人参の成分を抽出する方法です。
水抽出よりも短時間で成分を抽出することができるので、高麗人参を扱うメーカーは、効率よく製品を量産するためにこの方法を取り入れているところが多いです。
ですが、アルコール抽出では抽出できないアミノ酸やタンパク質、糖類などの成分があることもわかっています。
製品によっては含水アルコール抽出の方法を取っているものもあり、多くのメーカーはアルコール濃度を調整しながら水抽出に近い抽出率になるように工夫をしています。

愛用者からは、より豊富な高麗人参の成分を得られる水抽出の製品が人気があります。
水抽出の製品の方が値段は高くなりますが、妥協せずに高麗人参の成分を摂りたいという方にはお勧めです。

また、アルコール抽出の製品を選ぶ場合には、アルコールの濃度に注目するのも良いでしょう。
アルコール濃度45~55%ほどで、水抽出に近い抽出率になるといわれています。
エキスや抽出液、濃縮液などの製品の購入を考えている方は、ぜひ成分抽出方法にも注目してみてください。