6年根

6年間栽培されて最も成熟した高麗人参が6年根と呼ばれます。
高麗人参の栽培は一番長くて6年までで、その栽培年数ごとに呼び方が変わります。
6年を過ぎると、害虫や病原菌の被害を受けやすくなり、有効成分であるサポニンの量も減少し始めるので、それ以上栽培されることはありません。

1~3年根は糖質が多く、高麗人参の有効成分であるサポニンの量と種類も少ないです。
そのため、短くても4~5年以上栽培されてから市場に出回ることがほとんどです。
高麗人参は栽培年数が増えるごとにサポニンの量が増えていき、価値も上がっていきます。
6年根は、1、2年根と比べるとサポニンの含有量が3~4倍以上といわれていて、その種類も豊富でバランスも良いです。
栽培年数でみれば6年根が最も価値が高い高麗人参で、愛用者からの人気も高いです。

味は4、5年根と比べると糖質がかなり減少していて苦みが強いです。
抽出液やエキスを利用する場合には、レモンや蜂蜜などを適量加えて味を工夫して飲むのが良いでしょう。

高麗人参の栽培は、種を植える前の土作りから非常に手間と時間がかかります。
栽培から3年目を過ぎた頃から、害虫や病原菌への抵抗力が徐々に弱くなります。
そのため、リスクを避けて4年目で収穫する生産者が多いです。
それでもさらに2年間、様々な障害を乗り越えて栽培を成功させ、6年根を収穫するのは非常に難しいことなのです。
このような栽培の苦労や、サポニンの効果も合わさって、6年根の高麗人参は価格も高めになります。

そして収穫された高麗人参の6年根は、その後の加工工程でさらにサポニンの含有量に変化があります。
高麗人参の加工方法の水参白参紅参の3つも紹介しているので、そちらもぜひ参考にしてください。
加工方法によって違いがありますが、6年根を使って紅参に加工された高麗人参には、30種類以上のサポニンが含まれています。
この6年根を使った紅参こそが、最も優れた薬効を持った高麗人参の最上級といわれています。