炭水化物

高麗人参には、最も多いショ糖をはじめ、でんぷん、ブドウ糖、果糖、麦芽糖などが含まれています。
高麗人参は苦い味がしますが、飲み慣れてくると感じるかすかな甘みはこれらの糖質によるものです。
この糖質と食物繊維の合計が炭水化物になります。

糖質は、脂質やタンパク質と比べて、素早くエネルギーとして使うことができます。

特に糖質の中でも単糖類に分類されるものは、腸から血管へとすぐに入り込み、脳へとすぐに栄養が送られます。

単糖類がいくつか結びついてできた多糖類は、分子が大きいので単糖類に分解消化されてから吸収されます。
そのため多糖類は栄養が行き渡るのに時間がかかります。

高麗人参に含まれる糖質は、ブドウ糖と果糖が単糖類、ショ糖と麦芽糖が二糖類、でんぷんは多糖類に分類されます。

糖質は人間の重要なエネルギー源です。
不足すれば体力や集中力が低下し、さらにひどくなると脳に栄養が行き届かず意識障害になることもあります。

糖質は摂りすぎると肥満や糖尿病の原因になりますが、高麗人参に含まれている糖質は毎日摂取しても問題ないくらいの量です。
むしろサポニンの効果で肥満や糖尿病の予防ができるので、薬効のおまけにエネルギー補充もできる、くらいの考え方でちょうどいいかもしれません。