アンチエイジング

高麗人参には、有効成分サポニンやアルカロイド、アミノ酸のアルギニンなど、アンチエイジングに効果を発揮する成分が多く含まれています。

そもそもアンチエイジングとは、老化による様々な健康被害をできるだけ少なくして、いつまでも若々しく健康な体を造ることです。

高麗人参に含まれているアルカロイドやアルギニンは、老化の原因といわれる活性酸素を抑制する働きがあります。

老化は、体内の活性酸素によって、体が酸化していくことで進んでいきます。
活性酸素は、ストレスや紫外線、生活習慣の乱れなど、様々な原因で体内に増えて蓄積されていきます。
アルカロイドやアルギニンは抗酸化作用を持った成分なので、酸化した体内を弱酸性へと整えて、老化を遅らせてくれるのです。

さらに、もうひとつのサポニンは、抗酸化作用だけではなく、他にも老化を予防する働きを持っています。

サポニンは、皮膚の保護作用が確認されていて、肌を紫外線から守り、ハリや潤いを保つ働きがあります。

さらに、タンパク質と核酸の合成を促進して、新陳代謝を活発にしてくれる働きもあります。
そうして肌の代謝が活発になり、皮膚の細胞が新しく作り替えられることで、シミができにくい若々しい肌を維持することができるのです。

またサポニンは、加齢によってリスクが高まる脳卒中や心筋梗塞、認知症などの病気の予防にも効果があります。