バストアップ

高麗人参がバストアップに効果がある、という確証は得られていません。
しかし、バストアップに関係する女性ホルモンのバランスを整える働きがあることは確かです。

バストは脂肪によって大きさと形が決まります。
その脂肪と深い関係があるのが、母乳をつくる組織である乳腺です。
脂肪は乳腺を守る役割をしているので、乳腺が発達すればそれと共に脂肪も増えていき、バストアップに繋がります。
乳腺は、女性ホルモンといわれるエストロゲンとプロゲステロンによって増大します。

ならば女性ホルモンを増やせばいいのかと思ってしまいますが、大切なのはエストロゲンとプロゲステロンのバランスです。
このバランスが崩れると、頭痛や肌荒れ、さらには乳がんや、子宮筋腫など、重い病気に繋がる危険があります。

高麗人参に含まれるサポニンは自律神経に働きかけて、ホルモンのバランスを整えてくれる働きがあります。
女性の体は繊細で、ストレス、冷え、睡眠不足、過度なダイエットなど、様々な原因でホルモンバランスが乱れてしまいます。

サポニンは脳下垂体を通じて、ホルモンを分泌する副腎皮質に働きかけ、女性ホルモンの分泌を促す作用があります。

また、自律神経を整えてストレスを緩和してくれる抗ストレス作用があり、質の良い睡眠と、疲労の回復にも効果があります。

さらにサポニンには、血流を改善する働きがあります。
女性に多い冷え症の多くは、血管が収縮して、血液のめぐりが悪くなることが原因です。
サポニンは血液の循環を良くして、体を温めてくれる効果があります。

このようなサポニンの効果と併せて、規則正しい生活習慣に気を付ければ、女性ホルモンのバランスは整えられていくでしょう。

しかし、高麗人参にはこのようなホルモンバランスを整える効果はありますが、バストアップの効果がある確証は得られていません。

他に、エストロゲンと似た働きを持つイソフラボンや、キャベツに含まれるボロンという栄養素など、バストアップに効果があるといわれている成分はいくつかあります。
しかし、これらも効果に個人差があり、化学的根拠のないものがほとんどです。

あくまで高麗人参は、体内のホルモンバランスを整える役割として利用するのが良いでしょう。
女性ホルモンのバランスを整えてくれることで、更年期障害の改善と予防ができます。