二日酔い予防・解消

高麗人参には、肝臓の機能を高める成分が豊富に含まれています。
二日酔いの予防で高麗人参を摂るなら、お酒を飲む一時間くらい前が最も効果的であることがわかっています。

高麗人参に含まれるサポニンには、肝臓のアルコールの分解を助ける働きがあります。
肝臓は、分解酵素でアルコールを最終的に水にして排泄させます。
しかし、大量のアルコール摂取で分解が追い付かなくなると、アルコールは脂肪の合成を進めてしまい、脂肪肝になる危険が高まります。
また、アルコールを分解する際に発生する有害物質アセトアルデヒドの代謝も追いつかなくなり、頭痛や眩暈、吐き気などの二日酔いの症状が現れます。

サポニンにはアルコール脱水素酵素を活性化させる働きがあることがわかっています。
アルコール脱水素酵素は、肝臓に入ってきたアルコールをアセトアルデヒドに分解する働きがあります。

しかし、二日酔いの主な原因は、アルコールの大量摂取によって肝臓で処理しきれなかった有害物質アセトアルデヒドです。
体内に残ったアセトアルデヒドによって、二日酔いの症状が現れます。
アルコールをアセトアルデヒドに分解することができても、そこからさらに酢酸に解毒するアセトアルデヒド脱水素酵素の働きも活発にする必要があります。

高麗人参に含まれるアミノ酸やペプチドは、肝臓内でのアセトアルデヒド脱水素酵素の生産に関わっています。
アルコールの分解だけでなく、その後のさらに重要なアセトアルデヒドの解毒機能にも、高麗人参は効果があるのです。

また、サポニンには、肝臓での脂質やタンパク質、核酸の合成を促進して、代謝機能を高める働きがあることがわかっています。
肝細胞が活性化されるので、肝臓のアルコール分解・解毒機能を高めてくれる効果があります。
万が一肝臓が傷ついたり、炎症を起こしたとしても、すぐに回復してくれるので、肝臓病の予防ができます。

ですが一番大切なのは、自分の適量を把握して、飲みすぎに気を付けることです。

そして、二日酔いの予防に効果のある食品は高麗人参以外にもたくさんあります。
高麗人参に含まれるアミノ酸の一つに、アラニンがあります。
アラニンはアルコールの代謝を促して、二日酔いを改善する効果があります。
また、別のアミノ酸のグルタミンと一緒に摂ることで、肝細胞の再生を促進し、アセトアルデヒドの血中濃度を下げる効果があるのです。
アラニンはホタテ、しじみ、あさりに多く含まれていて、グルタミンは小麦、大豆、昆布などに多く含まれています。
高麗人参にはアラニンが含まれてますが、十分な量とは言えません。
より効果を高めるために、これらの食品も一緒に摂ることをお勧めします。