不眠症改善

高麗人参を摂るとぐっすり眠れると評判の通り、高麗人参は不眠症の改善に効果があります。
高麗人参に含まれるサポニンに、中枢神経系抑制作用があるからです。

サポニンは、中枢神経系の脳と脊髄に直接働くと考えられています。
そのため、自律神経をコントロールする視床下部に働きかけ、興奮した交感神経を鎮静して、乱れたホルモンバランスを整えてくれる働きがあります。
そして、副交感神経を刺激して、質の良い睡眠へと導いてくれるのです。

自律神経と睡眠は深く関係しています。
不眠症には入眠障害、中途覚醒、熟睡障害、早朝覚醒の4つのパターンがありますが、これらの共通点は、交感神経が優位な状態が続くことで睡眠の質が落ちてしまうことです。

サポニンは自律神経のバランスを整える働きがあるので、これらの不眠症の改善に効果があります。
そして、自律神経のバランスが崩れる原因であるストレスを緩和してくれる効果があるので、不眠症の根本的な解決に繋がります。

睡眠は人間が健康に生活するうえで欠かせないものですから、不眠症が続けば免疫力が低下し、風邪をひきやすくなります。
また、ホルモンのバランスが崩れると、血糖値や血圧が高くなり、糖尿病や高血圧のリスクが高まります。
そのような様々な体調不良が、睡眠を阻害する原因になってしまうこともあり、さらに不眠症の改善を難しくさせてしまうのです。

ストレス以外にも、皮膚疾患などのかゆみ、頭痛や腰痛などの痛み、うつ病などの精神疾患、喘息などの呼吸器疾患も不眠症の原因になります。

高麗人参は心を鎮める働きだけでなく、病気にかかりにくい強い体を作る幅広い薬効を持っているので、これらの症状や病気の改善にも効果があります。