コレステロール分解

高麗人参に含まれるサポニンには、血清脂質改善作用があり、コレステロールの分解と排出を促進して、血液をきれいにしてくれる効果があります。

コレステロールは体内に欠かせない脂質です。
善玉(HDL)コレステロールは、細胞内に取り込まれずに余ったコレステロールを肝臓に送る働きをしますが、悪玉(LDL)コレステロールはそれを血管内に放置してしまう性質があります。
悪玉コレステロールが増えて善玉コレステロールが減ると、血管内の余分なコレステロールが血管壁に血栓を作ります。

サポニンは血液中の悪玉コレステロール値を下げて、善玉コレステロールを増やす働きがあります。
コレステロールのバランス(LH比)が正常に保たれることで、脂質異常症や、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞の予防ができます。

コレステロールは、三大栄養素を材料に肝臓で合成されます。
食事などの影響で体内にコレステロールが増えてくると、肝臓はコレステロールの合成を抑制し、余分なコレステロールは胆汁として体外に排出します。
しかし、肝臓の機能が弱まっていると、体内のコレステロール量のバランスが取れず、脂質異常症になりやすいといわれています。
サポニンは、肝臓の機能を高める働きがあるので、体内のコレステロール量を正常に整えて、血液をきれいにしてくれるのです。

さらにサポニンは、自律神経に作用して腸の働きを整えてくれるので、 コレステロールや中性脂肪が腸から吸収されるのを抑制する働きがあります。
また、便通が良くなることで悪玉コレステロールの低下に繋がります。

サポニンは、このように悪玉コレステロールの分解と排出を早めて、善玉コレステロールを増やす働きがあります。
血行促進の効果もあるので、動脈硬化などのあらゆる血管障害に効果があります。