腰痛改善

高麗人参の血行促進の作用は、慢性的な腰痛の改善に効果があります。
そして高麗人参には、腰痛の改善に効果的な各種ビタミンB群が豊富に含まれています。

腰痛の原因は、長時間の猫背や中腰の姿勢、運動不足による筋力の低下です。
また、ぎっくり腰、椎間板ヘルニアなどの疾患や、骨粗しょう症、さらにうつ病や自律神経失調症などの精神的な疾患でも腰痛は引き起こされます。

猫背や中腰の姿勢は腰の筋肉に負担がかかり、疲労が溜まって血行が悪くなります。
サポニンは自律神経を整える働きがあるので、副交感神経を刺激して収縮した血管を広げる働きがあります。
筋肉の緊張状態を和らげて、血液の循環を良くしてくれるので、疲れた筋肉にも酸素と栄養が行き渡ります。
こうして筋肉の疲労が回復することで、腰痛が改善されていきます。
自律神経が整えられることで自律神経失調症にも効果があり、ストレスを緩和する働きでうつ病から起こる腰痛にも効果があります。

また、高麗人参にはビタミンB群が豊富に含まれていて、特にビタミンB1、B12は腰痛に効果のあるビタミンです。
ビタミンB1は糖質の代謝を助けて、筋肉のエネルギー源を作る手助けをします。
筋肉の疲労物質といわれる乳酸が溜まるのを防ぐ働きもあるので、筋肉に疲労が溜まりにくくする効果があります。
ビタミンB12は肩こりや腰痛の原因にもなる傷ついた末梢神経を修復する働きがあります。
葉酸(ビタミンB9)はビタミンB12の働きを助けて、末梢神経の修復に必要なタンパク質の合成を補う存在です。
このように筋肉の疲労回復に効果的なビタミンB群は、実際にビタミン剤として腰痛治療に使われています。

高麗人参は血行を良くして体を温める効果があるため、温熱治療が効果的な慢性的な腰痛の人には、日常的な摂取をお勧めします。
しかし、急性の腰痛やぎっくり腰になってしまった場合は、高麗人参は炎症が治まってから摂るようにしましょう。
炎症が治まるまでの間は冷たい湿布などで腰を冷やします。
痛みが引いてきたら腰を温めて血行を良くすることが大切なので、それから高麗人参を摂るようにすると回復に効果的です。

腰痛の改善や予防には、生活習慣を見直すことも大切です。
バランスの良い食事や適度な運動を心がけ、腰に負担がかかりすぎないように正しい姿勢を取るように気を付けましょう。
高麗人参は骨粗しょう症や椎間板ヘルニアにも良い効果があり、様々な腰痛の原因に効果があるので、日頃から摂取することで腰痛の予防になります。