肩こり改善

高麗人参の血行促進の効果は、肩こりの改善にも効果があります。

肩こりは、肩周辺の筋肉に疲労が溜まり、血行が悪くなることで起こります。
寒さやストレスで自律神経のバランスが乱れると、交感神経が強く働き、筋肉は緊張状態になります。
その状態が長く続いてしまうと筋肉に疲労が溜まり、肩こりを引き起こしてしまうのです。
また、交感神経が優位な状態が続くと、血管が収縮され、血液の循環も悪くなってしまいます。
高麗人参はこうした自律神経の乱れによる肩こりに効果があります。

高麗人参に含まれるサポニンには、自律神経を整えて、血行を促進する働きがあります。
副交感神経に働きかけて血管を広げ、血液の流れをスムーズにしてくれるのです。
同じく高麗人参に含まれるアルギニンという成分も、血管を拡張する作用があります。
この働きによって、筋肉にも酸素と栄養が十分に運ばれるので、筋肉の疲労を和らげることができ、肩こりの改善に繋がります。

また、高麗人参に多く含まれているビタミンB1は、糖質の代謝を助けて筋肉のエネルギー源を作り出す手助けをします。
さらに、疲労物質と言われる乳酸が溜まるのを防ぐ働きもあるので、筋肉の疲労回復に効果があります。

しかし自律神経以外にも、筋肉の緊張状態が続いて肩こりを引き起こす原因がいくつかあります。
長時間のデスクワークで同じ姿勢を続けたり、パソコンや携帯電話などの長時間使用による眼精疲労です。
仕事でデスクワークが長く続く人は、こまめなストレッチを心がけ、携帯やパソコンは適度に休憩を取って、目を酷使しないように気を付けましょう。
また運動不足の人は、普段筋肉を使わない分、筋肉に疲労が溜まりやすいです。
ジョギングやストレッチなどの全身の筋肉を使う運動を、無理をしない程度で行うと良いでしょう。