更年期障害

更年期障害の諸症状は、主に自律神経の乱れと、血行不良が原因です。
高麗人参はそのどちらにも効果があるので、更年期障害の様々な症状に効果があります。
また、サポニンの精神を安定させる働きが、イライラや抑うつの症状に効果的です。

更年期とは閉経が起こる前後10年のことを指し、個人差はありますが日本人女性ではだいたい45~55歳頃といわれています。
更年期には閉経を迎えて女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減ることで、分泌を促す性腺刺激ホルモン(FSH)が脳の視床下部にある脳下垂体から多量に分泌され、体内のホルモンバランスが崩れます。
視床下部は自律神経をコントロールする働きがありますが、いくら指令を出しても女性ホルモンの分泌がされないため混乱してしまい、結果自律神経も不安定になって様々な不調が起きてしまうのです。

これが更年期障害と呼ばれるもので、ほてり、のぼせ、冷え、貧血、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、疲労感、倦怠感などの不定愁訴と呼ばれる様々な症状が現れます。
また、イライラしたり憂鬱に感じたりと、精神的な症状が現れることもあります。

高麗人参に含まれるサポニンは、脳の視床下部に働きかけて自律神経を整える働きがあります。
自律神経が整えられることで、ホルモンのバランスも安定し、様々な不定愁訴を軽減することができます。
また、交感神経によって収縮していた血管も広げられ血行が促進されるので、冷えや肩こり、貧血などの症状にも効果的です。

更年期障害の症状は、そのほとんどが自律神経の乱れや、血行不良によるものなので、高麗人参はぴったりの漢方薬です。
実際に更年期障害のために販売されている製品にも、同じような効果のある生薬が含まれています。

そして更年期は、子供の自立や親の介護、職場や人間関係など、自分の生活環境に変化が起こりやすく、ストレスを溜めやすい時期でもあります。
サポニンは中枢神経に対して興奮、鎮静の両方に働きます。
イライラして高ぶった気持ちは落ち着かせて、憂鬱な気分の場合には自然と活力を湧かせる効果があり、精神を安定する効果があるのです。
また、胃腸や腎臓の機能を助ける働きや、代謝機能の向上、血行促進などの幅広い効果で、体の内側から元気を作ってくれます。

もちろん更年期になっても症状が全く現れずに元気に過ごす人もいます。
症状自体が軽い人、普段の生活に支障が出るほどの重い症状に悩む人など、更年期障害には個人差があります。
ですが高麗人参を日頃から摂取していることで、更年期を何事もなく過ごすことも不可能ではないといえます。
そして高麗人参は更年期障害だけでなく、女性ホルモンの減少によってリスクが高まる骨粗しょう症の予防にも効果的なのです。