胃腸の病気

高麗人参に含まれるサポニンは、自律神経を整える働きがあります。
ストレスを緩和する効果があるので、ストレスからくる胃腸のトラブルを解消してくれる効果があります。

日本人はもともと胃弱体質です。
食事の後の胃もたれ、胸やけ、便秘や下痢などの症状に悩まされている人も多いのではないでしょうか。
胃腸のトラブルの原因は、食生活の乱れや、お酒とたばこ、ストレスです。
高麗人参は鎮静作用を持つ漢方の代表であり、古くから消化器系を活性化させることで知られていました。

消化器系の働きをコントロールしているのは自律神経です。
過度のストレスが続くと交感神経が優位な状態が続き、蠕動運動が上手く働かなくなります。
蠕動運動とは、消化器系が食物を運ぶために行う収縮運動で、自律神経の働きによってコントロールされています。
胃腸がストレスに敏感といわれるのはこれが理由で、蠕動運動が低下すると、消化に時間がかかり、胃もたれや胸やけ、便秘や下痢になりやすくなります。

高麗人参に含まれるサポニンは、中枢神経に対して鎮静作用があり、視床下部に働きかけて自律神経を整える働きがあります。
この働きによってストレスが緩和されるので、様々な胃腸のトラブルの予防、改善ができます。
胃腸の蠕動運動が正常に行われるので、食後の胃の不快感が改善され、便秘や下痢も解消されます。
また、胃酸の分泌が正常に行われるので、ストレスによる胃酸の過剰分泌が抑制され、胃炎や胃潰瘍の予防になります。

そして、高麗人参には血行促進作用があり、胃の血流を改善してくれる効果があります。
胃の働きが活性化されることで、食欲が増進され、胃を楽にしてくれる効果があります。
傷ついた胃の粘膜の修復を助けるので、潰瘍部分の治癒効果も高まります。

もちろん生活習慣や食生活を見直すことも大切です。
睡眠をしっかりとって、運動をして胃腸の蠕動運動を活発にしましょう。
偏食は慎しんで、食事はゆっくりよく噛んで食べるように心がけてください。
胃腸の症状は比較的簡単に回復しますが、胃腸を丈夫にしなければ何度も再発してしまい、根本的な解決ができません。
高麗人参は継続的に摂ることで、丈夫な胃腸とストレスに強い体を作ってくれる効果があり、胃弱体質の人にお勧めの漢方です。