脂質異常症

高麗人参は血液中のコレステロール、中性脂肪を正常に整える働きがあるので、脂質異常症に効果があります。

脂質異常症とは、血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が多い、またはHDL(善玉)コレステロールが少ない病気です。
以前は高脂血症と呼ばれていましたが、低HDLコレステロール血症を含むと誤解されやすいことから、脂質異常症と改称されました。

高麗人参に含まれるサポニンは、血液中のLDLコレステロールと中性脂肪(トリグリセリド)を減らして、HDLコレステロールを増やす効果があります。
これは、サポニンが腸内で過度な脂質の吸収を阻害するからだと考えられます。
さらに肝臓では、過剰なコレステロールの合成を防いで、さらに排泄を促進する働きをします。
この働きによって血液中のコレステロールや中性脂肪の数値が改善されると考えられています。

脂質異常症には高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセリド血症があります。
高麗人参は、血液をきれいにして正常な数値にする働きがあるので、これら全ての脂質異常症に効果があります。

脂質異常症は自覚症状がほとんどありませんが、動脈硬化の危険性が非常に高く血栓ができやすくなります。
気づかない間に動脈硬化が進行し、脳卒中や心筋梗塞を発症して手遅れになることも少なくありません。

しかし、生活習慣や食生活を見直すことで、予防、改善することができます。
食事ではコレステロールを多く含む食品(鶏卵、レバー、モツ、いくらやたらこなどの魚卵)の摂りすぎに注意して、血液中のコレステロールを減らす働きがある食物繊維(海藻類、きのこ類、緑黄色野菜)を十分に摂ってください。
肥満は脂質異常症や動脈硬化のリスクを高めるので、適度な運動を心がけましょう。
喫煙は血液中のHDLコレステロールを減らし、動脈硬化の危険性が非常に高くなるので、禁煙することをお勧めします。