自律神経失調症

高麗人参に含まれるサポニンは、自律神経を整える働きがあるので自律神経失調症の予防と改善に効果があります。

自律神経とは、交感神経と副交感神経の対照的な働きを持つ二つがあり、私たちの意思とは関係なく体を正常な状態に保つために自動的に働きます。
自律神経失調症はその自律神経のバランスが崩れて、疲労感、倦怠感、頭痛、めまい、動悸、肩こり、腰痛、食欲不振、便秘、下痢などの様々な症状が現れます。
直接の原因はわかっていませんが、生活習慣やストレスが間接的な原因と考えられています。

私たちがストレスを受けると、脳の大脳新皮質がそれをキャッチして、視床下部へと伝わります。
視床下部は自律神経とホルモンバランスを調節して、体内の組織にストレスに対応する態勢を取らせます。
過度なストレスを受け続けてストレスが溜まっていくと、自律神経のうち交感神経が優位な状態が続いて、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

高麗人参に含まれるサポニンは、中枢神経である脳に対して興奮・抑制の両方に働いて、自律神経を整える働きがあります。
矛盾しているように聞こえますが、これは二つの対照的な働きを使い分けて恒常性(内部環境を一定の状態に保つ仕組み)を維持する高麗人参の優れた薬効の特徴です。

サポニンはストレスによって興奮した脳に鎮静的に働いて、ストレスを緩和してくれる効果があります。
そして、自律神経をコントロールする視床下部に働きかけて、副交感神経を刺激します。

交感神経は血管を収縮し、逆に副交感神経は血管を拡張する働きがあるので、自律神経が整えられることで血行不良が改善されます。
血液の循環が良くなるので、血行不良や高血圧からくる頭痛やめまい、動悸などの症状が改善されます。
さらに、収縮して強張った筋肉が緩むので、肩こりや腰痛、筋肉痛も解消されます。
消化器官も自律神経によってコントロールされているため、便秘や下痢が解消され、食欲も湧いてきます。

また、健康な人であれば夜は副交感神経が優位になって、自然と眠りにつくことができますが、自律神経が乱れると夜も交感神経の優位な状態が続いてよく眠れなかったり、寝ても疲れが取れないといった睡眠障害が出てきます。
しかし、サポニンの鎮静効果が興奮した脳を落ち着けるので、不眠が解消され、日常的に続くイライラを抑える効果もあります。

高麗人参はこのように自律神経を整える働きがあるので、自律神経失調症には大変効果的で、ストレス社会を生きる私たちを応援し、サポートしてくれる存在です。

そして、日頃の生活習慣も自律神経のバランスを崩すことに繋がるので意識的に改善していきましょう。
交感神経は昼間に、副交感神経は夜に優位な状態になるので、規則正しい生活リズムを守るようにしましょう。
寝不足や昼夜逆転の生活が続くと、自律神経が乱れる原因になります。
また、休息やリラックスする時間を十分にとって精神的・身体的なストレスを溜めないことが大切です。