脱水症状

高麗人参は腎臓や胃腸の働きを助けて、特にお年寄りの脱水症状を予防します。

成人の体の約60%は水分(体液)といわれていて、血液、リンパ液、細胞と細胞の間を埋める組織液などがあります。
脱水状態になると、頭痛やめまい、体がふらつくなどの症状が出て、そのまま放置すれば痙攣やしびれ、意識障害などの症状が現れ、死に至ることもあります。

脱水の種類は大きく二つに分けられます。

一つは、体内の電解質が不足することで起こる低張性脱水です。
運動やスポーツで大量の汗をかいた時になりやすく、発熱による下痢や嘔吐によって起こることもあります。
水分と一緒に塩分や胃液、腸液などの電解質も不足するため、水だけでなく電解質がバランス良く含まれた経口補水液や、ミネラルが含まれるスポーツドリンクで対処しましょう。

もう一つは体内の水分が主に不足する高張性脱水です。
この脱水症は、自分で水分補給が難しくなる子供や高齢者に多い特徴があります。

私たちは運動で汗をかかなくても、毎日1リットルほどの汗をかいていて、さらに排泄や唾液、呼吸や皮膚から蒸発する水分(不感蒸泄)で、毎日2.5リットルほどの水分を失っています。
その分、主に3食の食事と飲み物、栄養素の酸化的分解で生じる代謝水で、同じだけの水分を体に摂り入れています。

特にお年寄りは成人と比べて体内の水分量が少なく、50%ほどといわれています。
また、腎臓の機能が低下して体内の水分調節が上手く働かなくなったり、胃腸の機能が低下して水分やミネラルの吸収率が悪くなります。
感覚が鈍くなってのどの渇きに気づきにくくなり、食べる量も減るため食事から摂る水分量が減ります。
トイレが近くなるので夏でも摂る水分を減らしたり、血行不良から体温が低下して1年中厚着をしていたりします。

高麗人参は特にこのようなお年寄りの脱水を予防する効果があります。

高麗人参は古くから保水力の高い漢方薬として知られてきました。
腎臓や胃腸などの内臓に作用して、体内の水分を保持する働きがあります。

高麗人参は弱った腎臓に作用して回復させる働きがあります。
腎臓は尿を作って老廃物を排出する臓器です。
それだけでなく尿の量を調整することで体液や電解質を調節し、血管を浄化する仕事をしています。
高麗人参はこの腎臓の働きを助けて正常にするので、過剰な利尿が抑制され、体内の水分が一定に保たれます。

さらに高麗人参は、胃腸を強化して水分やミネラルの吸収力を高めます。
脱水症状で下痢や嘔吐が続いているときは胃腸が弱っている証拠で、積極的に水分を取っていても効率的に吸収されません。
また、夏の暑い時期は冷たい物を多く摂ったり、冷房との温度差で胃腸が弱りやすくなります。
高麗人参は夏バテにも優れた効果があり、気温の変化や疲労からくる胃腸の機能の低下を防ぎます。

このように、特に脱水になりやすいお年寄りの方に高麗人参は効果的です。
ですが一番の対処方法は、周りの人が注意を払いながら水分補給を促すことです。
高麗人参はその手助けをしてくれる存在というわけです。

しかし、同じく脱水になりやすい子供が高麗人参を利用する場合には注意が必要です。
まだ代謝機能が未熟な乳幼児に高麗人参を取らせるのは危険です。
小児が服用する場合には1gほどの少量から始めて、親がしっかり体調の変化を見るようにしてください。

そして、発熱があるときの高麗人参の服用は、悪化させる危険があるので避けてください。
熱が治まってから摂れば、肝臓や胃腸を強くして回復を助けてくれる効果があります。